~院外風景 名所編~

①明石川~住吉神社

西神ニュータウンは西に明石川、東に櫨谷川に挟まれたような地形となっています。神出町には明石川沿いに住吉神社があり初詣の頃には多くの人が参拝に来られています。住吉神社前の明石川では小学生のころにフナ釣りをした思い出があります。護岸工事をする前は割と深い川で大きいフナが釣れました。住吉神社の神主さんが「釣れますか~?」とよく声をかけてくださったことを覚えています。

②櫨谷川

櫨谷川の源流がどこにあるのか探しに行ってみました。

ここまでが限界で、これ以上は昇れなくなっていましたが、航空写真を見るともう少し昇ったところに池がありそこが源流のようです。そういえば子供の頃に友人たちと色々な川の源流探しをしたことがあります。伊川谷駅から伊川を上流に昇っていくとどこに着くと思いますか?実はしあわせの村にたどり着くのです。大きな公園にたどり着いてそこがしあわせの村だとわかったときは大変驚きました。

③大山寺

伊川の上流に大山寺があります。本堂は神戸市の建造物としては唯一の国宝に指定されています。また阿弥陀如来坐像は国の重要文化財(彫刻としては西区で唯一)に、三重塔は県の指定文化財となっています。藤原鎌足の長男定恵が初代住職とのこと。近くの温泉に来たことはありましたが、大山寺は初めてでした。楓の木やアジサイもきれいでとても美しいお寺です。

④松本自噴泉

環境省Hpには神戸市の代表的な湧き水が6か所掲載されてあり、西区には3か所(野中の清水、弘法大師の清水、松本の自噴泉)あります。櫨谷町松本の松本自噴泉公園の写真です。場所がわかりにくくて、当院通院中の患者様から「池田製餡所から櫨谷川の方に曲がったところ」と教えていただき行ってきました。綺麗な公園ですがとてもあっさりで、せっかくの珍しい湧き水ならもう少し楽しめるよう工夫してもよさそう。

 

⑤端谷城跡

櫨谷の由来は諸説あります。遺跡や古墳が出土していることから弥生時代にすでに集落があったとされています。陶器を作る土師(はせ)という職業の子孫が移り住んだ説、榛(はしばみ)という木が繁茂した地域であった説、東播磨の端(はし)に、三木城の支城として建立された端谷城が由来という説など。端谷城は播磨の守護赤松氏一族である別所氏に仕えた衣笠範景が城主であったとされ、戦国時代に織田家羽柴秀吉軍が三木合戦で端谷城を攻め落としたとされています。歴史のある城なのですが、現在は跡地となっていて城の三の丸付近に満福寺が建てられています。

⑥櫨谷神社

歴史つながりで言えば櫨谷神社も。境内にある大きな岩は源義経が腰かけたというものです。源平合戦の一の谷の戦いで、源義経が急な坂道を馬で駆け下り平家の背後から奇襲をかけた「ひよどり越えの逆落とし」が有名ですが、そこに向かう途上で1184年に櫨谷神社に立ち寄ったとされています。櫨谷神社の裏には妙見山という山につながっています。

 

⑦おっこさん(雄岡山)、めっこさん(雌岡山)

神戸市西区神出町にある山。西神ニュータウンからもよく見えます。兵庫ふるさと100山にも選ばれているとか。雌岡山の山頂から見た西神ニュータウンです。遠くに明石大橋も望めますね。山頂に神出神社があります。

雌岡山を降りていくと斜面にはきれいな梅林があり、麓には弁慶が鉄棒で穴をあけたと言われる金棒池があります。その奥に見えるのが雄岡山です。神戸市西区在住の方にはお馴染みの山だと思いますが実際に登ってみた方は少ないのでは。麓に駐車場もありますし15分くらいで山頂まで登れますから、お天気の良い日に是非一度登ってみてください(実は山頂まで車で行くことができますがそれでは味気ないので)。

 

⑧如意寺

神戸市で国が指定する重要文化財(建造物)は22件あり、西区では大山寺仁王門と如意寺阿弥陀堂、三重塔、文殊堂の4件です。とてもきれいなお寺で三重塔は見ごたえがあります。30年ぶりに来ました。『如意寺旧記』によれば、大化元年(645年)法道仙人がこの地に櫨の木を刻んで地蔵菩薩と毘沙門天を祀ったのが起源とされ、仁寿元年(851年)には円仁が文殊堂を建立したとのこと。法道仙人は天竺(インド)から飛来したとされる伝説的な仙人という言い伝えです。

Copyright(c) 2015 http://fujiwara-iin.com/ All Rights Reserved.