~院外風景~

藤原医院とはあまり関係ないページですが、副院長の趣味である自然・野草散策です。西神ニュータウン内やその周辺には、たくさんの自然があり四季折々に綺麗な景色を見ることができます。

 

①櫨谷川沿いのツクシ

SONY DSC 

例年3月3週目頃にたくさん採れます。天ぷらや卵とじなどにして食べるととても美味しいのですが、はかまを取るのが大変なんですね。

2016年は暖冬でしたので、3月1週目には生えてました。

2017年は暖冬? 3月2週目には生えていました。雪も降りましたし寒いと思ったのですが、1月、2月、3月の平均気温(@神戸市)は6.3℃(平年5.8)、6.4℃(平年6.1)、9.2℃(平年9.3)であり、やはり暖冬だったようですね。

2018年は2月後半から暖かくなり3月1週目には確認できました。

 

②西神中央公園の桜、櫨谷川沿いの桜

DSC_0036 DSC_0038 DSC_00431

4月、この時期は西神中央公園や櫨谷中学校横の糀谷緑地、櫨谷川沿いなど色々なところで満開の桜が見られます。

 

③糀台公園入口のグミの木

5月になると実をつけます。しっかり赤い実は甘いのですが、少し赤いぐらいではかなり渋くて…。2017年は4月中旬に実がたくさん成り、真っ赤に熟していました。

 

④櫨谷川近くのカーネーション

DSC_0073

5月の母の日。きれいなカーネーションが一面に咲いていました。無料で花摘みさせていただけるお祭りが行われていました。

 

⑤櫨谷の田んぼ

DSC_00941DSC_0064 DSC_0065DSC_0153

6月。田んぼは田植えが終わったこの時期が一番好きです。その1か月前はレンゲが咲いてました。レンゲは土を肥やす効果があるため、前年の秋に農家の方がわざわざ種を蒔くそうです。

10月。美しい黄金色に染まって、今年も豊作ですね!

 

⑥糀台公園のヤマモモ

DSC_01531 

6月下旬の糀台公園ではヤマモモがたくさん実をつけます。甘酸っぱくておいしいですよね。子供のころは毎年この時期に採って食べていたのですが、最近の子供たちは食べるのでしょうか?学校では食べないように指導されているようですね。この写真は糀台公園内に1本だけある大粒の実がなる木です。

 

⑦櫨谷の畦道に彼岸花

DSC_0206

9月お彼岸の頃には色鮮やかできれいですよね。でも毒があるので決して食べてはいけません。認知症治療薬のガランタミンはヒガンバナ科のマツユキソウから抽出して作られました。古代ギリシャでは記憶力を高めるためにマツユキソウが使用されていたとか。昔の人はすごいですね。

 

⑧糀北公園のザクロ

DSC_0139

9月下旬に赤い実をつけます。糀北公園に2本ザクロの木があって、小学生の頃は実を取って食べていました。25年ぶりに行ってみましたが、当時より木がずいぶん大きくなっていました。

 

⑧高塚山の栗

DSC_0218

10月終わり頃になるとたくさん落ちてます。蒸してみると、しっかり実が詰まっていてちゃんと食べられます。

⑨どんぐり公園

DSC_0157 DSC_0160  DSC_0163  DSC_0164

10月、どんぐり公園にはたくさんのどんぐりが落ちています。クッキーにして食べてみることにしました。比較的渋みの少ないとされるマテバシイの実を選んで、、硬い殻を剥いて、、ミキサーで粉状にした後、薄力粉とバター、砂糖、卵黄を混ぜてオーブンで焼いてみると出来上がり。ナッツのような食感で、苦みもなくおいしいクッキーになりました。

⑩ふきのとう

DSC_0204

小学生の頃は櫨谷川の土手でたくさん採れたのを覚えているのですが、最近は全く見かけません。もちろん食べられます。ふきのとうを探して櫨谷川を歩きましたが、近くのおじいさんも「昔はよぉ生えとったけど最近は見ぃひんな」とのこと。櫨谷川、明石川住吉神社付近、近江寺、高塚山も探しましたが見つかりません。どこにあるのか、どなたかご存知でしたら教えてください。ちなみに写真のふきのとうは、2月藤原医院の鉢植えにあるフキからひょっこり出てました。

⑪たけのこ

DSC_0248 - コピー

4月、櫨谷川近くの竹林でひょっこり頭を出していました。雨後の筍とはよく言ったもので、雨の翌日から次々に出ていました。

小学生の頃、遠足で行った竹の台公園にタケノコが生えていて感動したのを覚えています。

⑫銀杏

dsc_0149dsc_0331dsc_0335dsc_0338

10月、街路樹のイチョウが色づくと、その足元には銀杏がたくさん落ちています。決して良い臭いとは言えません。実の臭いの成分は酪酸とヘプタン酸で、人の足の臭い成分と同じだそうです。そういわれてみれば・・?? 実が剥がれた種がたくさん落ちていますので、そちらを拾ってきます。種の中に入ってある種子が食べられます。種を封筒に入れて口を閉じ、500Wで1分レンジでチンすると、パンパンと殻が割れる音がして、簡単に食べることができます。ただ、食べ過ぎに注意です。種子の成分にメチルピリドキシンが入っており、これはビタミンB6欠乏症を起こしますので、嘔吐や痙攣を起こすことがあります。おねしょ(夜尿症)に効くと昔から言われますが、小学校に入るまでは食べないほうが無難です。

⑬藤の花

4月下旬になり暖かくなってくると藤の花が咲き始めます。薄紫色のとてもきれいな花は古くから愛され、「万葉集」や「源氏物語」など、藤の花をうたった歌が数多く見られます。

写真は櫨谷神社近くの森に咲いていた自生の藤の花です。さすがに藤の花を食べたことはありませんが、調べてみると藤の花の天ぷらは驚くほど美味だとか・・・!

⑭よもぎ

どこにでも生えている草ですが、春になると若い芽が出てきます。下茹でして刻んで上新粉に混ぜれば簡単によもぎ団子が作れます。良い香り。

⑮ハンノキ

高塚山で確認できます。春に花粉症を起こす原因となる木です。花粉症で有名というよりは口腔アレルギー症候群(OAS)の原因となることで有名です。この病気は、リンゴや桃、メロン、キウイなどを食べたときに口の中が痒くなるというものです。経験がある、聞いたことがあるという方もおられると思います。特定の花粉のアレルゲンと似た構造の果物を食べると、アレルギーを起こして口の中が痒くなるというものです。

⑯たんぽぽ

 

たんぽぽは最も春を感じる草花のひとつですね。タンポポコーヒーってご存知ですか?根っこからコーヒーを作ることができるのです。カフェインレスであり、胃腸の調子がよくなるなどの作用があるそうで、妊婦さんでも安全に飲めるコーヒーです。根っこをよく洗って薄切りにし、天日干し。フードプロセッサーで砕いてフライパンでローストすれば出来上がり。独特の風味で美味しいです。花と葉は天ぷらにしていただきました。

⑰櫨谷川

たびたび登場してくる櫨谷川ですが、源流がどこにあるのか探しに行ってみました。

ここまでが限界で、これ以上は昇れなくなっていましたが、航空写真を見るともう少し昇ったところに池がありそこが源流のようです。そういえば子供の頃に友人たちと色々な川の源流探しをしたことがあります。伊川谷駅から伊川を上流に昇っていくとどこに着くと思いますか?実はしあわせの村にたどり着くのです。大きな公園にたどり着いてそこがしあわせの村だとわかったときは大変驚きました。

⑱端谷城跡

櫨谷の由来は諸説あります。遺跡や古墳が出土していることから弥生時代にすでに集落があったとされています。陶器を作る土師(はせ)という職業の子孫が移り住んだ説、榛(はしばみ)という木が繁茂した地域であった説、東播磨の端(はし)に、三木城の支城として建立された端谷城が由来という説など。端谷城は播磨の守護赤松氏一族である別所氏に仕えた衣笠範景が城主であったとされ、戦国時代に織田家羽柴秀吉軍が三木合戦で端谷城を攻め落としたとされています。歴史のある城なのですが、現在は跡地となっていて城の三の丸付近に満福寺が建てられています。

⑲櫨谷神社

歴史つながりで言えば櫨谷神社も。境内にある大きな岩は源義経が腰かけたというものです。源平合戦の一の谷の戦いで、源義経が急な坂道を馬で駆け下り平家の背後から奇襲をかけた「ひよどり越えの逆落とし」が有名ですが、そこに向かう途上で1184年に櫨谷神社に立ち寄ったとされています。櫨谷神社の裏には妙見山という山につながっています。

⑳あけび

今回櫨谷川の源流を探す途中であけびの実がなっていました。熟すと紫色になって、中に甘い果肉が成ります。以前は高塚山でも見られましたがここ5年程は姿を見ていません。

Copyright(c) 2015 http://fujiwara-iin.com/ All Rights Reserved.